column コラム

RPAで保険業界の課題を解決!導入するメリットや活用事例を徹底解説

近年の保険業界では、事故や災害時の問い合わせ対応を自動化するツールとしてRPA(Robotic Process Automation)の導入が進められています。
手作業による事務処理が多い保険業界では、ヒューマンエラーや人手不足を解消するためにRPAを導入する企業が増加しているようです。

しかし、RPAの導入にあたって以下のような疑問を持つ方も少なくありません。

「保険業界ではどのような業務にRPAを導入できる?」
「業務を自動化したいけど、効果的にRPAを活用できるかが不安…」

保険の契約や問い合わせへの対応でミスが許されないからこそ、RPAの導入・活用に対して不安を感じている方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、RPAの概要からRPAの保険業界における活用ポイントまで解説します。
保険業界での導入事例もご紹介しますので、RPAの導入に対する不安が払拭されるでしょう。

 1.RPAを導入すると何ができる?

RPAを導入すると何ができる?

RPA(Robotic Process Automation)は「ロボットによる業務の自動化」を意味し、人がパソコンで行っている業務をソフトウェア型のロボットが代行してくれるツールです。

RPAなら、手間のかかる単純作業や定型業務の多くをシステムで自動化できます。
あらかじめ作業手順や業務上のルールを設定しておくと、その通りにRPAが動いて業務を遂行してくれる仕組みです。

昨今では、人手不足や働き方改革の影響によって業務工数の削減が重要視されています。
RPAは人の代わりの労働力として期待されており、市場規模が年々拡大している状況です。

ココがポイント


RPAは保険会社の業務だけでなく、幅広い定型業務をカバーできる

 2.RPAで解決できる!保険業界が抱える課題

RPAで解決できる!保険業界が抱える課題

生命保険や損害保険は私たちが安心して暮らす上でなくてはならない存在ですが、その業務内容にはさまざまな課題を抱えています。

保険業界が抱える課題とはどのような内容か、みていきましょう。

 2-1.根強く残る人手作業

保険業界ではさまざまな事務処理を行っています。
特に重要なのは、保険の契約時に引き受け可否の判断・契約条件の線引を決定するアンダーライティングと呼ばれる業務です。

アンダーライティングでは膨大な数の手続きが必要になり、多くの人手がかかっています。
保険契約の迅速さや丁寧さは契約者の安心感に密接に関わるため、アンダーライティングの効率化は保険会社にとって重要なテーマのひとつです。

また、保険金の支払いや契約情報の変更といった手続きに関しても、多くの場合は人の手で行われています。
このように、保険業界には人手作業が根強く残っており、業務効率が上がらない原因となっています。

 2-2.災害発生時の業務集中

保険業界のサービスは、不慮の事故などに備えたい人から保険料を受け取り、実際に事故などが発生した際に保険金を支払うシステムです。
そういったサービスの特性上、大規模な災害発生時には保険金の支払い業務が極端に集中するため、人手不足が深刻化します。

本来なら素早く保険金を支払って顧客に安心を届ける必要があるものの、人手不足の影響で業務がスムーズに進まず、対応が遅れる事例も少なくありません。

保険業界では、こういった極端な業務集中への対策として、RPAなどの作業効率化ツールが注目されつつあります。

ココがポイント


RPAなら、保険業界にありがちな突発的に起こる業務集中も効率的に行える

 3.保険業界でRPAを導入するメリット

保険業界でRPAを導入するメリット

事務処理の多い保険業界は、RPAと相性がよい業界のひとつです。

ここでは、RPAの導入によって保険業界が得られるメリットについて解説します。

 3-1.手作業によるミス防止

人が手作業を繰り返していると、疲れや不注意によって何らかのミスが発生する可能性が高まります。
しかし、保険関連の業務ではミスが許されません。

場合によっては二重、三重にチェックをしている事例もあり、膨大な業務工数がかかっているのが現状です。

その点、ソフトウェアであるRPAは疲れや不注意とは無縁で、事務処理を延々と繰り返せます。
RPAの導入によって保険関連の手続きを自動化すれば、ヒューマンエラーなどのミスも抑えられ、業務の効率化やサービスの品質向上が期待できます。

 3-2.人材採用のコスト削減

RPAを導入してあらゆる事務処理を自動化していけば、それらの業務にかかっていた人の工数を大幅に削減できます。
実際にRPAを導入した保険会社では、年間に数千時間もの工数を削減できた事例もあり、RPAツールの導入効果が非常に大きいとわかります。

事務処理を担う人材の採用にかかるコストを削減できるほか、RPAで煩雑な業務を自動化すれば人手不足の解消も可能です。

 3-3.ペーパーレス化

RPAなら、文字認識ツール(OCR)と組み合わせてペーパーレス化を実現できます。
OCRは紙など手書きで書かれている情報を読み取り、デジタルデータに変換できるツールです。

保険業界では、今でも多くの業務が紙の書類をベースにして行われており、業務効率が上がらない原因のひとつとされています。
ペーパーレス化を実現すれば業務をデジタルで進められるようになり、業務効率の向上が期待できます。

 3-4.手続きの時間短縮

ソフトウェアであるRPAは、24時間365日稼働し続けられます。
夜間や休日など、人が働いていない時間帯にも事務処理を進められるので、保険の引き受けや保険金支払い手続きにかかる時間も大幅な短縮が可能です。

上述したように、災害発生時は極端に業務が集中するため、業務過多によって手続きにかかる時間が長くなりがちです。
RPAを導入すれば保険料の支払いなどにかかる手続き時間を短縮でき、顧客満足度が高まる効果も期待できます。

ココがポイント


RPAを導入すれば、顧客満足度の向上も期待できる

 4.【保険業界】RPAの導入事例

【保険業界】RPAの導入事例

保険業界ではすでに、大手企業・中小企業を問わずRPAの導入が進んでいます。

実際にどのような業務でRPAが活用されているのか、導入事例をみていきましょう。

 4-1.アンダーライティングの効率化

RPAは上述したアンダーライティングの効率化に役立ちます。
アンダーライティングでは、保険の加入希望者に対するリスクを評価し、加入可能かどうかの審査や適正な保険料を算定します。

人の手作業でアンダーライティングを実施していると手間がかかるだけでなく、審査基準がバラバラになって適正な引き受けができていない恐れがあります。

RPAなら、保険加入の申し込み内容からリスク評価に必要な情報を抜き取り、あらかじめ設定したルールに則って正確にリスクを評価できます。
また、過去の平均額や社内ルールを基に適正な保険料を自動で算定できるので、保険引き受けの正確性や信頼性の向上に役立ちます。

 4-2.申し込み内容の転記作業

保険会社の多くは複数のシステムで顧客の情報を管理しており、それぞれが連動して業務を行っています。
そのため、住所や電話番号といった顧客情報が少し変わるだけでもすべてのシステムを変更しなければならず、転記作業だけでも大変です。

RPAなら、複数のシステム・ソフトウェアを同時に操作し、情報を転記する作業も自動化できます。
顧客からの申し込み内容を自動でシステムに反映するため、大幅な工数削減になるだけでなく、誤記などの人の手によるミスも削減できるメリットがあります。

 4-3.各種問い合わせの自動対応

保険会社には日々多くの問い合わせが寄せられますが、似通った質問が寄せられるケースも多々あります。
何度も同様の回答をする業務が窓口担当者の負担になっている事例も少なくありません。

RPAなら、保険に関する「よくある質問とそれに対する回答」をあらかじめ用意するだけで、Webサイト経由のお問い合わせを自動化できます。

窓口担当者の負担を軽減するだけでなく、顧客からの問い合わせ内容をスピーディに解決できるため、顧客満足度の向上にもつながります。

こちらもCHECK

 5.保険業界でRPAを活用する際のポイント

保険業界でRPAを活用する際のポイント

保険会社がRPAを導入し、メリットを最大限に得るには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

「効果的にRPAを活用できるかが不安…」と心配な方は、ここで紹介する内容をご参照ください。

 5-1.導入はスモールスタートで

保険業務にRPAを導入するときは、スモールスタートで実施するのがおすすめです。
RPAに慣れていない間は設定ミスなどが起こりやすく、失敗する可能性が高くなります。

最初のうちは失敗しても影響が少ない業務から自動化を進めていき、成功例を増やしながらほかの業務のRPA化を進めていくのをおすすめします。

 5-2.定型業務は自動化に最適!

アンダーライティング業務を始め、保険業界の業務は定型的な作業が多く、RPAによる自動化に最適です。

自社内で行われている定型業務を洗い出し、特に手間がかかっている作業や人によるミスが発生している業務を、システムによってRPA化していくのをおすすめします。

 5-3.RPAのサポート体制をあらかじめ確認

RPAを使っていると、「RPAが突然停止した」「業務を自動化したいけれど、設定方法が分からない」といったトラブルが少なからず発生します。

そういったトラブルの際に、手厚いサポートを実施しているベンダーなら安心してRPAを利用できます。

サポート体制の充実度はRPAツールやベンダーによって大きく異なるのも事実です。
RPA運用者のミスによって、業務全体がストップした事例も存在します。

そのようなトラブルを迅速に解決するためにも、保険業界にRPAを導入する際はサポート体制の確認をおすすめします。

ココがポイント


サポート対応はベンダーによって異なるため、サポート力でRPAの導入会社を探すのも選択肢のひとつ

 6.保険業界の業務自動化なら「RaBit」がおすすめ!

保険業界の業務自動化なら「RaBit」がおすすめ!

最後に、弊社が開発・提供しているRPAツール「RaBit」についてご紹介いたします。

「RaBit」は手間のかかる事務処理の自動化に適しており、中小企業のお客様への導入実績が特に豊富です。

 6-1.サポート体制が充実している

「RaBit」は数多くあるRPAツールのなかでも、サポート体制が特に充実しています。
たとえば、導入時には専任のスタッフがヒアリング・設計・導入までフルサポートしており、お客様の業務に合わせたオーダーメイドの設定まで実施可能です。

また、導入後は150名以上のプロオペレーターによるサポートを実施しており、「RaBit」の使用中に発生したトラブルを迅速に解決いたします。

 6-2.24時間365日稼働できる

「RaBIt」は24時間365日稼働できるため、事故や災害時の問い合わせ対応を自動化するのに役立ちます。

人がいない時間帯にも事務処理を進められるので、顧客に対して素早くサービスを提供できるようになり、サービスの品質向上を実現します。

 6-3.保険業界で行われる多くの業務に対応している

「RaBit」は入力・転記・ソフト操作・データ取得・書類作成・精算処理・整合性チェック・情報収集といったパソコンを使ったあらゆる事務処理に対応しています。

保険業界で行われている多くの業務はRPA化が可能で、人手不足の解消に役立てていただけます。
OCRツールも提供しているため、業務のペーパーレス化や読み取りシステムの自動化といったご提案も可能です。


     

業務自動化ロボットRaBitに関する
ご相談はこちら

お悩みごと、ご不明点など遠慮なくお尋ね下さい。 詳しい専任スタッフがすぐにお答えいたします。

どのようにRaBitが動くか一目瞭然!
動画などのお役立ち資料をプレゼント!