column コラム

マーケティングにおけるRPA活用ポイントは?メリットと活用事例も

企業のマーケティング部門では、市場調査やアクセスデータの分析などで日々膨大なデータを扱っています。
そのマーケティング部門から近年注目されているのが、業務自動化ツールの「RPA(Robotic Process Automation)」です。

人がより付加価値の高い業務に集中できるよう、自動化できる業務はRPAに任せたいと考える企業が増えています。

一方で、「マーケティングのどのような業務でRPAを活用できるのかが分からない」「業務を自動化したいけれど、RPAをうまく活用できるかが不安…」といった声もよく聞きます。

RPAを導入して自動化に取り組みたいという気持ちはあるものの、さまざまな懸念事項があって導入に踏み出せていない企業は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、マーケティング業務におけるRPAの活用ポイントや導入メリットを解説します。
RPAの活用事例も紹介するので、自社に導入するイメージを膨らませていただければ幸いです。

 1.マーケティング部門が抱える課題

マーケティング部門が抱える課題

マーケティング部門の役割を簡単にまとめると、「自社製品が売れる仕組みを作ること」といえます。
企業の成長に大きく影響する重要な役割を担っており、思考力やアイデアが求められるクリエイティブなイメージが強い職種です。

一般的に、マーケティング部門では次のような業務を行っています。

  • 市場調査・分析
  • 新製品やサービスの企画
  • 営業戦略や販売施策の立案・実行
  • 広告・宣伝

このように、マーケティング部門では幅広い業務を行っていますが、多くの企業ではマーケティング部門は少数精鋭であり、1人あたりの業務量が多い傾向にあります。

また、近年ではマーケティング業務のデジタル化が進んでおり、膨大なデータを収集・分析するのにかかる工数が肥大しています。

実際に、マーケティング担当者が手を動かすことに必死になってしまい、もっとも重要な企画や戦略の立案に十分な時間を確保できていない人も多いようです。

マーケティング部門が本来の力を発揮するには、データ収集のような単純作業をできる限り自動化して、業務負担を軽減していかなければなりません。
そこで、RPAのような業務自動化ツールが注目されているのです。

 2.マーケティング業務にRPAを導入するメリット

マーケティング業務にRPAを導入するメリット

マーケティング業務にRPAを導入すると、さまざまなメリットを得られます。
具体的にどういったメリットなのかをみていきましょう。

 2-1.作業効率の向上

マーケティング担当者は、日々膨大なデータを扱いながら業務を遂行しています。

しかし、データの収集・集計といった作業をすべて人の手で行っていると、膨大な工数がかかってしまうだけでなく、スピーディに企画や戦略を立案できずにビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。

データの収集・集計は単純作業の繰り返しが多く、RPAを使えば自動化が可能です。
人よりも作業スピードが早く、24時間365日稼働し続けられるRPAであれば、人の何倍もの作業を短い日数でこなせます。

その結果、より多くのデータをすばやく収集・集計して企画や戦略の立案に役立てられるようになり、作業効率が向上します。

 2-2.ヒューマンエラーの防止

データをもとに企画や戦略を立案していくマーケティングにおいて、もとになるデータの品質は極めて重要です。

しかし、人がデータの収集・集計のような単純作業を繰り返していると、疲れや注意不足によってミスが起こりやすくなり、データの品質が悪くなる恐れがあります。

ソフトウェアであるRPAであれば、ミスなく正確に単純作業をこなしてくれるので、ヒューマンエラーの防止に役立ちます。
また、データや作業の品質向上によって、マーケティング担当者が立案する企画や施策の質などの向上も期待できます。

ココがポイント


RPAは作業効率だけでなく、作業品質の向上にも役立つ

 2-3.クリエイティブな業務に集中できる

RPAが人の代わりに単純作業をこなしてくれれば、マーケティング担当者は本来やるべき業務により多くの時間を割けるようになります。

データの分析や企画・戦略の立案といったクリエイティブな業務に集中できれば、自社製品が今まで以上に売れるようになり、企業の継続的な成長が実現できます。

 3.マーケティングにおけるRPAの活用事例

マーケティングにおけるRPAの活用事例

ここでは、マーケティングにおけるRPAの活用事例をいくつかご紹介します。

自社で行っている業務と照らし合わせながら、RPAの活用イメージを膨らませてみてください。

 3-1.市場調査の自動化

RPAを活用すれば、WebサイトやSNSを通じた市場調査を自動化できます。

具体的には、自社製品やサービスの口コミ・レビュー、世の中のトレンド、競合製品の情報などを収集・集計する市場調査によって、新しい企画や販売戦略の立案に役立てられます。

市場調査はマーケティングの基盤とも言えるため、RPAによって自動化を図れば、その後の業務も大幅な効率化が期待可能です。

ココがポイント


RPAなら自社サービスに絞った口コミ収集も簡単に行える

 3-2.POSデータの自動集計

マーケティング部門では、小売店などのPOSデータをもとに販売戦略やキャンペーンの検討を進める業務があります。

RPAを活用すれば、POSデータをダウンロードしてExcelなどに転記し、結果を集計する一連の作業を自動化できます。

 3-3.Webマーケティングにおける効果測定の自動化

RPAはWebマーケティングでも活用できます。

たとえば、自社WebサイトのアクセスデータやWeb広告の運用結果をRPAによって自動集計すれば、マーケティング施策の効果を手間なく測定できます。

期待した効果が出ていない場合にすぐに軌道修正を行えるため、ムダもなくなる点がWebマーケティング作業にRPAを導入するメリットです。

 3-4.レポート作成の自動化

RPAを使えば、Webマーケティング業務でまとめたデータのレポート作成も自動化できます。

クライアントへ提出するフォーマットを設定するだけで、既存のデータから自動的に情報を出力&レポートの作成が可能です。

Webマーケティングの根幹でもあるリサーチ業務に注力できるため、会社としてのノウハウ蓄積に集中できます。

こちらもCHECK

 4.マーケティングにおけるRPAの活用ポイント

マーケティングにおけるRPAの活用ポイント

マーケティング部門がRPAの導入メリットを最大限に得るために、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

「RPAをうまく活用できるかが不安…」という方は、ぜひ参考にしてください。

 4-1.事前にトライアルした上で導入する

RPAの導入後、うまく使いこなせずに失敗したと感じる企業は意外に多くなっています。
そういった企業の多くは、自社に合わないソフトウェアを導入している傾向にあり、RPAツールの選定段階から失敗していると言えます。

RPAを導入する際は、どの業務を自動化したいかを明確にしてからツールを選定する見極めが大切です。

その上で、無料トライアルなどを活用して実際に業務の自動化を試してみれば、RPAツールが自社のマーケティングに合う・合わないが見極められます。

 4-2.社内研修・マニュアル化に取り組む

せっかくRPAを導入しても、一部の人しか使っていなければ十分なメリットを得られない可能性が高まります。
より多くの人がRPAを使って業務の自動化に取り組めるように、社内研修やマニュアル化を行いましょう。

自社だけで実施するのが難しい場合は、RPAツールのベンダーに相談してみるのもおすすめです。

ココがポイント


ベンダーによっては、社内研修やマニュアル化もサポートしてくれる

 4-3.限定的にRPAを導入する

RPAの導入時には、まずは簡単な作業に絞って自動化に取り組むようにしましょう。
いきなり難しい作業を自動化しようとすると、設定方法が分からなくなったり、トラブルが発生したりする可能性が高まります。

最初は限定的にRPAを導入して、徐々に自動化する業務範囲を広げていくのが得策です。

 5.マーケティング業務を自動化するならRaBitがおすすめ!

マーケティング業務を自動化するならRaBitがおすすめ!

弊社では、マーケティング業務の自動化を実現するRPAツール「RaBit」を提供しています。
「RaBit」は中小企業のお客様を中心に多くの導入実績があり、機能・コスト・サポートのそれぞれで優れた特徴を持ちます。

「RaBit」の特徴を詳しくご紹介します。

 5-1.マーケティング業務に適した機能が充実

「RaBit」はWebからの情報収集やデータ入力、書類作成といったマーケティング業務に適した機能が充実しています。

操作時にはプログラミングなどの専門知識が不要で、どなたでも簡単に扱えるため、IT人材の少ない中小企業のお客様でも問題なく導入していただけます。

 5-2.コストパフォーマンスに優れる

「RaBit」は初期費用66,000円、月額10,450円の低価格から提供しています。
数多くあるRPAツールのなかでも圧倒的に低価格であり、簡単な業務を自動化するだけでもメリットを得やすいのが特徴です。

次にご紹介するサポートの費用も含まれているため、コストパフォーマンスも優れています。

 5-3.充実したサポート体制

「RaBit」の導入時には、専任のエンジニアがヒアリング・設計・導入・サポートまでをワンストップで行っており、お客様の業務に合わせたオーダーメイドの設定も代行します。

お客様はご自身で難しい設定を行う必要がなく、マーケティング業務の自動化をすぐに実現可能です。

また、150名以上のオペレーターによる導入後のサポート体制も完備しており、お悩みやトラブルを迅速に解決いたします。
どのようなお悩みもご相談に応じますので、マーケティング業務のRPA化に疑問を抱えている方はぜひお気軽にお問い合わせください。


     

業務自動化ロボットRaBitに関する
ご相談はこちら

お悩みごと、ご不明点など遠慮なくお尋ね下さい。 詳しい専任スタッフがすぐにお答えいたします。

どのようにRaBitが動くか一目瞭然!
動画などのお役立ち資料をプレゼント!